昭和53年度登録品

鏡山  Kagamiyama

鏡山  Kagamiyama

昭和53年度登録 品名 / 日本春蘭(柄物) 虎斑 登録者 /  産地 / 茨城県 形態 / 葉肉がやや薄い緑地で、中葉性の中垂れ。出芽は黄緑色に出て、生長の過程で曙斑や黄色の虎斑を現す。斑柄は大切り虎斑、切り虎斑など多彩であるが、地合いの緑色が薄いため判然としない。一見して派手柄ながら、斑柄に冴えがない。 特色 / 丈夫で繁殖力は特に良い。一般的に虎斑としての人気はあるが、黄色がかった緑地で、葉肉が薄く斑柄が不鮮明のうえ、葉繰りが悪いため、雄大感に欠けるのが惜しまれる。

雪山  Setsuzan

雪山  Setsuzan

昭和53年度登録 品名 / 日本春蘭(柄物) 覆輪斑・覆輪花 登録者 /  産地 / 茨城県 形態 / 中葉性、中垂れの濃緑地で、葉艶があり、葉緑に黄白色の覆輪斑を鮮明に示す。出芽は黄白色に出て、生長するにつれて葉緑に天冴えの覆輪斑を現す。淡緑色の地の各弁に、鮮明な白黄色の覆輪をかけ、花容は気品に満ちよく整っている。花茎は黄白色の地で、苞衣に淡い紅筋が入り、開花時の伸びも良い。舌は乳白色での地で、前面に不規則な紅点を散らす。葉緑および花弁の覆輪は、ともに鮮明で判然としている。 特色 / 登録以前には『日進』や『九州日進』などと呼ばれていて、『雪月花』と同様に古い品種ではあるが人気がある。

霊峰  Reihou

霊峰  Reihou

昭和53年度登録 品名 / 日本春蘭(柄物) 覆輪斑・縞斑 登録者 /  産地 / 茨城県 形態 / 濃緑地で光沢のある厚肉の中葉性、中立ちである。葉脈が太くて、葉緑のギザが粗く、葉先はとがっている。出芽は黄白色に出て、袴に淡い桃紅色をかける。未開花であるが、覆輪斑であることが予測される。葉緑の元から先端にかけて白黄色の大覆輪斑を鮮明にかけ、先端部分には蹴込み縞斑、葉面に縞斑を交える。斑柄は日照りが強いとかなり黄色みを増す。 特色 / 丈夫で繁殖力は旺盛である。大株になると斑柄が不鮮明になる傾向もあるが、葉姿が整然としていて、斑柄が万全としているため魅力にあふれる。数少ない覆輪縞の品種として評価が高い。

光悦  Kouetsu

光悦  Kouetsu

昭和53年度登録 品名 / 日本春蘭(花物) 散り縞斑・散り斑花 登録者 /  産地 / 茨城県 形態 / 濃緑地で葉脈が太い。厚肉で、葉緑のギザも粗く、やや平葉の中葉性の中立ちである。出芽は当初、桃色をかけて出て、生長するにつれて葉面に散り斑縞斑を現し、生長すると葉先や葉骨部分にのみ斑柄を深く残す。長円弁の平肩咲きで、各弁ともに緑色の地に白黄色、桃紅色などの散斑を交える。棒心がやや開き、各弁の先端が外側に反る。花茎は淡い緑軸で太く、節の部分に紅色を強く散らす。舌は乳白色の大捲舌で、前面に不規則な紅点を鮮明に散らす。 特色 / 葉面の斑柄はほとんど消えるが、各弁の斑柄の色彩がおもしろい。

紫天竜  Shitenryuu

紫天竜  Shitenryuu

昭和53年度登録 品名 / 日本春蘭(花物) 紫色 登録者 /  産地 / 千葉県 形態 / 濃緑地で葉脈が判然とした、中葉性の中立ち。葉がいくぶん細く、樋がやや深い。葉肉は普通だが、葉面に艶がある。出芽は紫紅色に出て緑色を増す。花は水仙弁の平肩咲きでよく整い、棒心の抱えも良いが、開花すると先端がやや開き外側に反る。花茎は淡い緑色の地に紅色を交え、節の部分が濃い。苞衣は淡褐色に紫紅色の筋が入る。舌は比較的大きく、前面に不規則な紅点を散らし、腮の部分を紫紅色に染める。 特色 / 繁殖力も旺盛で、各弁の先に緑色が残る。開花直前の蕾の発色は、紫色が濃く特に美しい。

羽衣  Hagoromo

羽衣  Hagoromo

昭和53年度登録 品名 / 日本春蘭(花物) 散り縞斑・変わり縞斑 登録者 /  産地 / 神奈川県 形態 / 濃緑地で樋が深く、葉脈のしっかりした厚肉の中葉性、中立ちである。出芽は白黄色に出て、生長過程で葉面に散り斑縞斑を示すが、生長するにつれてほとんど暗み、葉緑に糸状の覆輪斑を残す。各弁ともに厚肉で、淡い緑色の地に白黄色の中透け散斑縞が入り、細く覆輪斑を弁縁にかける。花茎は苞衣とともに淡黄色に紅色を交え、節の部分の紅色が濃く、よく伸びる。葉面の斑柄はほとんど消えるが、花弁の斑柄は萌黄色の独特の色彩である。 特色 / 丈夫で繁殖力も旺盛である。各弁の形と縞斑の色彩、可憐な咲き方などに特色がある。

© 2016 by Zenkoku Nihon Syunran Federation all rights reserved.

当サイトに掲載されている写真、画像、イラスト、動画などの無断複製・転載・改ざんを禁止いたします。