昭和49年度登録品

清澄  Kiyosumi

清澄  Kiyosumi

昭和49年度登録 品名 / 日本春蘭(柄物) 虎斑 登録者 /  産地 / 千葉県 形態 / 葉肉はやや薄く、葉幅も狭いが、濃緑地で中葉性の中立ち。葉脈がしっかりしていて、葉縁のギザは多くて細かい。出芽は淡い緑色に出て、生長の過程で葉面に虎斑を現す。黄色の斑柄が葉面に図虎状に入り、生長しても暗まない。 特色 / 古い品種であり、葉面の図虎斑に特色があるが、不思議と最近では見かけない。やや細葉ではあるがおもしろい。丈夫で繁殖力旺盛。

菊水  Kikusui

菊水  Kikusui

昭和49年度登録 品名 / 日本春蘭(花物) 覆輪斑・変わり花 登録者 /  産地 / 茨城県 形態 / 濃緑地の中葉性、中垂れで、葉脈が太く樋が深い。出芽は黄緑色に出て、生長につれ緑色を増し、葉緑にやや覆輪斑をかけるが、固定すると暗む。主弁・副弁などの緑色の外弁を六枚から七枚持ち、その中からさらに花梗が伸びて蕊柱や舌が変化する、いわゆる菊咲きである。花茎は、黄緑色に紅色を交えて良く伸び、節の部分の紅色が濃い。葉緑の覆輪斑はほとんど糸状である。 特色 / 丈夫で花付きなどが良い古い品種で、かつては『夢の花』『筑波牡丹』などと仮称されていたものを、昭和四十九年に改名したものである。

月光  Gekkou

月光  Gekkou

昭和49年度登録 品名 / 日本春蘭(花物) 黄色 登録者 /  産地 /  形態 / 葉肉もあり、濃緑地で大葉性の中立ち。葉艶もあり、葉脈もしっかりしている。出芽は黄緑色で当初、葉面の中心部に芯がらみ状の曙斑を示すが、生長するにつれて消え、次第に緑色を増す。花は主弁・副弁ともに均整のとれた厚肉の水仙弁で、やや落肩咲き。花茎は特に太く、赤軸に濃緑色の筋を交え、節の部分に紅色が入り、苞衣は淡い樺色。舌は大捲舌で前面に淡い紅点が入り、腮の部分に朱紅色を散らす。 特色 / 丈夫で繁殖力も良い。花色が特異で、淡黄色の中に橙紅色が混入したような発色を示し、時が経過するにつれて薄れる。花弁が弱く痛みやすい。

秩父錦  Chichibunishiki

秩父錦  Chichibunishiki

昭和49年度登録 品名 / 日本春蘭(花物) 縞斑・散り斑花 登録者 /  産地 / 埼玉県 形態 / 厚肉・幅広の大葉性の中立ちで、葉先に丸みがあり、葉面に黄白色の縞斑を示す。斑柄はほとんど二年目で暗む。出芽は淡黄色に出て、生長の過程で斑柄を示す。各弁ともに弁肉の厚い、長円弁の大輪先で、弁縁に散り斑を交える。やや落肩咲きで、棒心もいくぶん開く。花茎は緑色に紅色を交えた赤軸で、節の部分の紅色が濃い。葉面の斑柄は後暗みするなど不安定であるが、花弁の散り斑は鮮明に出る。 特色 / 丈夫で繁殖力は強いが、縞斑が後暗みで不安定の要素が多く、花茎の伸びがやや悪いことが惜しまれる。

© 2016 by Zenkoku Nihon Syunran Federation all rights reserved.

当サイトに掲載されている写真、画像、イラスト、動画などの無断複製・転載・改ざんを禁止いたします。